連休後半も寒気居座る

 2013-05-04
DSCF6315.jpg
3月に引っ込んでいた寒気が、その分の帳尻を合わせるかのように今もって居座っています。5月に入っても八幡平の山岳道路のゲートは閉じられたまま、山は連日雪降りです!「みどりの日」も雨/雪、蔦温泉付近から赤倉岳方面のブナ林を歩き滑りました。若い木もあればボッキリと折れた巨木もあり世代交代がなされています。朽ちた木の内側に「コシカケ」。また宿主のブナが倒れ、砕けた幹や枝と共に大きなエゾハリタケもまた地面に落ちていました。
DSCF6321.jpg
赤倉岳の斜面がやっと見えてくるジャンクションピーク標高1000mは湿った新雪で真っ白。吹雪いてきたので退散です。白いベチャベチャ雪に板を捕られること暫く、その後は枝だか何だか雪以外のいろんな物の上を滑走し、最後は板を担いでゴールでした。
さて5/4は愛猫アンヘルの命日。共に暮らして16年そして心の中で想って2年がたちました。
(撮影:多賀谷真吾氏)IMGP2392.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/107-9237b60b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫