唸る山

 2017-02-24
DSCF3236.jpg
昨日23日、山麓では雨っ気で夜半から吹雪。今朝は猛烈な西風地吹雪でクロ姫は家の外に出ることが出来ず。御在所目指してアスピーテラインを運転するも吹き溜りと視界不良のため柏台シェルターで引き返しました。進路を松川へ変更、丸森を上倉沼上の断崖まで。
DSCF3237.jpg
この先はゴーゴーと山が唸り、生き物を拒絶しているよう。断崖の縁に伸びた雪庇が垣間見えます。
DSCF3230.jpg
たまに青空も透けて見えましたがすぐまた吹雪。風の当たらない山毛欅森は一見軟らかな雪、滑ってみるとその下の湿った雪がスキーに絡みついて意外と良くないのです。春を感じさせる雪というべきか。丸森川は埋まり切らなかった?
DSCF3223.jpg
スポンサーサイト
タグ :

山麓も雪が増加中

 2017-02-21
DSCF3203.jpg
2月後半になっても雪が増えています。先週末ザーザー降りの雨、その後凍って玄関先もテロテロ。昨日また降り積もりました。山の積雪観察も目が離せません。毎日、八幡平通いが続いています。
タグ :

雪山が膨よかになってきた!

 2017-02-10
DSCF3150.jpg
雪が降り積もるようになって、ひと月。痩せていた山容もふっくらしてきました。沢もあらかた埋まり滑走ラインも広がり、条件の良い日は楽しく遊ばせてもらえて感謝!
DSCF3155.jpg
クロ嬢はといえば、雪の日は外出をためらいます。もっと駄目なのは風の強い日。外に出られず寝飽きてしまい、狭い家の中を何十回も走り回ります。田園で鍛えた脚力は疲れを知らず、通り道の畳がすっかり疲れてもうボロボロ。
DSCF3131.jpg
タグ :

暴風の爪痕

 2017-02-05
DSCF3101.jpg
山はここ3日間西強風が吹き荒れ、一夜明けて薔薇色の朝焼けに思わずシャッターを押してしまいました。
DSCF3112.jpg
茶臼岳周辺はあらかたの斜面が強風の影響を受け、硬く締まってしまいました。雪庇が張り出し、支えきれないところは結構な雪崩が出ていて、身が引き締まる思い。
DSCF3111.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫