雨と吹雪の造形

 2016-02-22
DSCF0576.jpg
八幡平は2週連続の週末雨降りのち雪。今回も標高の高いところまで雨が降ったようです。
DSCF0588.jpg
昨日は雨の後吹雪になって、風下には40cmを超える吹溜りが出来ました。ところが風が通ったところは剥き出しのガリガリか薄い新雪に隠れたガリガリで、よく見て滑らないと「爆発」してしまいます。春になったり冬に戻ったりの何だか忙しい今冬の八幡平!
DSCF0585.jpg
スポンサーサイト
タグ :

樹氷原を俯瞰する

 2016-02-11
DSCF0512.jpg
昨日の八幡平は久々に吹雪模様。しかし本日は、風紋や吹溜りができていたもののお天気が回復しました。樹氷見物とも思ったのですが、滑りをチョイスしてやや重めの新雪を堪能。例年であれば、厳冬期の今頃は強い西風吹雪で入山出来ないこともしばしばですが、今年は荒れる日が少なく、少雪の割に良いパウダーを滑れる日が多い八幡平です。 (写真下:茶臼山頂のコメツガのプチ樹氷)
DSCF0513.jpg

タグ :

少雪でも雪質良好の八幡平です!

 2016-02-06
DSCF0459.jpg
2月に入ってもドカ雪が来ない八幡平ですが、そこそこ寒くて雪質は上々です。本日の茶臼岳は我々二人だけのようで静けさを満喫、なんという贅沢!
DSCF0470.jpg
昨日の源太ヶ岳~大深沢もそうでしたが八幡平県境付近の樹氷も「激ヤセ状態」というところでしょうか。
前山~樅山エリアは少し賑わっていましたがノントラックは残っていて楽しめました。スノーボードのライン、転んでも回転しながらはまらずに滑り降りられるのですねえ。
DSCF0474.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫