雪の便り

 2015-10-26
DSCF9740.jpg
昨日日曜、八幡平山麓も雪が舞いました。本日はよく晴れたので岩手山西側斜面に出掛けてみました。霧氷の樹林帯が青空に映えます。しかしお日様エネルギーで融け落ち、白から黒緑の世界に刻々と変わっていきました。
DSCF9732.jpg
昨日は滝沢森林公園でノルディックウォーキング講座。2015年シリーズ6回全て晴れました!私が晴れ女か?今年のK観光登山ツアー同行は雨に祟られたので、多分違いますね。
DSCF9687.jpg
滝沢森林公園は県立大学の北側に広がり、春夏秋冬通年で散策や自然観察が出来るとても素敵なところです。それにしてもこの秋の紅葉、何と鮮やかなことでしょう。歩きながら、皆でつい足を止めて暫し鑑賞。オオウバユリも晩秋の姿となりました。
DSCF9673.jpg

スポンサーサイト
タグ :

霜柱サクサク!

 2015-10-21
DSCF9599.jpg
晴れ渡った本日の八幡平、畚岳登山口から霜柱をサクサク裏岩手トレイルを歩きました。畚岳から少し下った所の小さな沼に薄氷。道端の水溜りも土道も凍っている間は意外に快適に歩けますが、融けてしまうとズルっと足を取られ気が抜けません。
DSCF9577.jpg
八幡平の山岳道路は11月4日夕方から長い冬の閉鎖に入りますが、そうなると嶮岨や前諸檜の稜線もなかなか遠くなります。春にスキーで遊ぶこのあたりのダケカンバも葉を落として、冬支度ですね。
DSCF9631.jpg
八幡平に通っているとごく稀に、雲海に浮かぶ山々が見られたりします。この間の日曜の午前中の眺め。
DSCF9562.jpg
一昨日の昼過ぎには魚の骨みたいな面白い雲が出ていました。そして昨日は寒冷前線が通り、お昼頃にかけて天気が急変し暴風雨になりました。女心と秋の空!
DSCF9568.jpg


タグ :

霜の華と紅葉と

 2015-10-15
DSCF9510.jpg
2日振りに通行できた八幡平アスピーテライン。本日午前中の御在所冬期ゲート付近は小春日和、しかし見返り峠に上がると身を切るような風。アオモリトドマツの枝から雪や霜がパラパラと落ち、風に舞っていました。
DSCF9522.jpg
樹氷形成のファーストステップ、と思いきや徐々に白い部分が消えていきました。着霜しては消え、やがて本格的な寒波で定着するのでしょう。頂上展望デッキに積った新雪もざらめ化していました。雪観測の季節も間近で気も引き締まります。
DSCF9528.jpg
中腹の御在所沼付近からの屋棟岳。黄葉したダケカンバの葉もてっぺんのあたりは早、まばらになってきました。
DSCF9494.jpg
タグ :

紅葉、里へ~

 2015-10-10
DSCF9446.jpg
昨日の網張付近は時雨。お昼まで会議、屋内とはいえじっと座っていると体の芯まで冷えてしまいました。走って体を温めるべく帰路に鞍掛に寄ってトレラン、お天気イマイチの昼下がりということもあり出会った登山者は二人だけ。紅葉たけなわで特にアカマツに絡まったツタウルシには見とれてしまいました。思わず触りたくなる危うい美しさ!
DSCF9374.jpg
5日ほど前の松川大橋からの広葉樹の黄葉。こちらは穏やかな色調です。
DSCF9402.jpg
紅葉が標高900mからどんどん降下中。御在所付近、アキグミがたくさん実をつけていました。木の実もなかなか鮮やかですね。八幡平スキー場跡イナズマ~チャンピオンコースの紅葉。随分と中低木が増えゲレンデだったのかなあ?という感じになってきました。
DSCF9404.jpg
このところ昼間によく出会う小さな虫、アキナミシャク蛾の仲間たち。天敵の少ない季節に成虫になり繁殖活動中。フユシャクは初冬、雪の中でも飛び回れるようです。
DSCF9383.jpg
一昨日庭先で見かけたクスサン。今年は幼虫(シラガタロウ)も少ない感じでしたが、もふもふの着物を纏って我が家を訪ねてくれました。御役目を果たしたのか翌朝には亡骸となっていました。
DSCF9416.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫