トレーニング中の出会い(3)

 2014-07-31
DSCF3797.jpg
「歩きトレーニング」続行中。近くの公園も毎日貸し切り状態で、マイ・トレイルが白っぽく出来てしまいました。今の時期、動いていれば良いけれど立ち止まると大小のアブの餌食になります。
DSCF3785.jpg
一昨日は気分を変えて、アスピーテラインを車で上り八幡沼を回ってみました。昨年魅せてくれたコバイケイソウは貧弱な葉だけは出しましたが、それもすでに黄色っぽく朽ちかけていました。キヌガサソウやシナノキンバイは健在。
DSCF3775.jpg
八幡平温泉郷のS邸「ノルハウス」にクスサンの蛹団地ができているというので見に行きました。雨風のしのげる上手い所に作るものですネ。横にある白樺の木を半分坊主にして木を下りたシラガタロウたちの「大移動」は見ものだったとか。
DSCF3789.jpg
スカシダワラとも呼ばれるクスサンの繭玉。見たよりしっかりしていて、中には羽化を待つ太い蛹が眠っていました。あとひと月もすれば一斉に飛び立つことでしょう。
DSCF3794.jpg
スポンサーサイト
タグ :

八幡平山麓も梅雨明け

 2014-07-28
DSCF3715.jpg
本日、東北地方も梅雨明け。冷夏という予報が一転、再び暑い夏の気配です。昨日は寒冷前線通過後の時雨模様。盛岡の街中で野外コンサートに出演、出番を待つ間もザーッと降り気を揉みましたが、何とか雨に当たらずに演奏を終えられました。梅雨明けの夕日が、大沼の湖面の深い緑色と湖畔の黄金色のコントラストを際立たせてくれました。
DSCF3745.jpg
道端の甘い匂いは何処から?ひとつはクサギ、そしてもうひとつはクズの花。あらゆる方向に蔓を伸ばし、植物や建造物までも覆い尽くしていきます。
DSCF3757.jpg
先日まで蛹だった柏台児童公園のマイマイガたちが次々に羽化しました。白いドレスを纏ったのが雌。雄はひと回り小さく昼間から蝶のように草むらを飛び回って雌を探します。
DSCF3702.jpg
滑り台の鉄骨の支柱に数匹が産卵中。少し離れたアカマツの大木の添え木を何気なく見上げると、絶句!下から上へ百匹もの雌たちが集団で産卵しているところでした。
DSCF3707.jpg
タグ :

「海の日」の海

 2014-07-24
DSCF3670.jpg
今年の「海の日」は海へ。種差海岸を再び歩きました。「花の渚」この日の主役は、何と月見草。ひと月前の黄色い花といえばキリンソウでしたが今はもう終わり。ツリガネニンジンは花盛りでした。
DSCF3675.jpg
2km続く鳴き砂の大須賀海岸をウォーク。この日はあまり鳴いてくれず、でした。ヤマセも入らず晴れて海が明るい青になりました。白浜海水浴場には大勢の人。でも海に入っている人は僅かです。多くはビーチバレーやサッカーに興じていました。
DSCF3666.jpg
岩場のあちこちに電灯のように咲くスカシユリ。種差海岸キャンプ場前の新ビジターセンターがオープン。賑わっていました。1時間に1~2便ワンコイン(100円)バスが海岸沿いを走っていて散策にとても便利です。連休最終日の海の日にやっとお天気が回復。種差に出発前、我が家の庭からも(雲の)海が見えました!
DSCF3656.jpg
タグ :

親子たち!

 2014-07-20
DSCF3642.jpg
今年の海の日の連休も梅雨空ですっきりせず。近くで楽しめる所ーーーということで動物園ウォーキングを思いつきました。盛岡市動物公園は二人共初めて、ワクワク気分でスタート。オグロプレーリードッグのファミリー『ダーウィンが来た!』みたいです。
DSCF3635.jpg
動物園というと、ゾウとキリンは見ないといけない。
DSCF3627.jpg
動物園内をゆっくり歩いて回ると2時間たっぷり。暑からず寒からず雨にも降られず、蚊やブユなどにもたかられずに快適なウォーク、園内の杉林と紫陽花が涼しげでした。
DSCF3614.jpg
こちらは我が家の動物園。毎日旺盛な食欲の親子、食事の後は4匹でデザートにミルク!のおねだり。クロ母は飲ませまいと腹這いで頑張っていましたが、この後横に転ばされて潜り込まれてましたぁ。
DSCF3582.jpg
タグ :

乗っ取られた餌台!

 2014-07-15
DSCF3520.jpg
冬期の「雀キッチン」が見事に乗っ取られました。クロ母の教育が行き届いているようで、四ツ巴で木登りや喧嘩ごっこで庭中を駆けずり回る毎日。畑の主の姑も、この姿を見てしまうと「許しちゃう」のだそうです。
DSCF3533.jpg
県民の森のブタナも、日々同伴者を変えて違った彩りを見せてくれます。この日の引き立て役はウツボグサ。大して気にも留めない花ですが、改めてよく観ると、それぞれの紫の花がラショウモンカズラなどのシソ科とよく似ていました。
DSCF3530.jpg
安比高原の牧場のヤナギランを見ながら歩こうと出かけました。お天気も良く足取り軽くでしたが、奥の牧場の原っぱに入った途端にウマサシやアカウシアブにたかられて、写真を撮るどころではなく早々に退散です。ランパン姿という、ナメた格好で来たのが間違いでしたぁ。
DSCF3549.jpg
夕方の姫神山と積雲。空気が澄んでいる日暮れ前は家の庭から北上山地の山並みがよく見えます。上外川の風車も一本一本数えられるほどです。
DSCF3504.jpg
タグ :

トレーニング中の出会い(2)

 2014-07-11
DSCF3462.jpg
巨大台風8号はまだ遠く、八幡平県民の森は日差したっぷりでブタナの黄色が一段と眩しく感じました。源太ヶ岳直下東斜面の雪田も消えるまであと僅かですネ。今はまだあそこまでひとッ走りというわけにはいかず。
DSCF3463.jpg
週半ば、岩手も台風の影響で雨が降り出し、外歩きをやめて屋内プールでトレーニングしてみました。1時間程水中にいてプールから上がると、体がズシーッと重たい感じ。浮力効果というわけです。プールの駐車場脇にネムノキの並木がありました。
DSCF3495.jpg
家でアルパをさらっていると、視線の先に変な動きをしている蝶が!演奏を中断して窓の外を見ると、蜘蛛の巣に捕えられたモンキチョウがもがいています。お節介をして巣から外してやりましたが、恐るべし!蜘蛛の巣の粘りは思いの外しつこく、果たして蝶が空に舞い戻れたかは不明です。
DSCF3483.jpg
台風8号は大きな被害を出して太平洋上に去って行き、岩手山の頂きが覗いてきました。私の目には溶岩流に咲くコマクサの大群落が見えるのですがーーー。
DSCF3499.jpg
タグ :

トレーニング中の出会い(1)

 2014-07-07
DSCF3446.jpg
八幡平山麓はウォーキングの最適地、多少アップダウンのある草原がいたるところにあります。嫌われもののブタナやノアザミ、ツメクサの野草園もいいものです。
DSCF3409.jpg
いつの間にかノリウツギも咲き出していました。日の当たらない西斜面の階段でトレーニングしていると、ポツポツと咲く小さなウメガサソウ発見。
DSCF3419.jpg
さくら公園内のキスゲの中に(ホソ)ヒラタアブが絶妙にとけ込んでいます!
DSCF3428.jpg
午前中は貸切?の柏台児童公園でいつもの筋トレ。この夏もマイマイガが多いようです。終齢幼虫が滑り台の階段を行ったり来たり?
DSCF3436.jpg
ステップの奥を覗くと、やはりありました。しかも複数箇所。雨風がしのげ小鳥たちにも見つかりにくそうな場所でした。
DSCF3441.jpg
タグ :

十日振り、緑深まり仔猫も育ち!

 2014-07-04
DSCF3370.jpg
十日間、見た景色。バラも、蕾からほころんでやがてダリアのように大きく花開きました。窓から手の届く所に、春にミスミソウを眺めた里山がありました。森の冷気で暑さ知らず、サンコウチョウやアカショウビンの声も聴こえました。
DSCF3349.jpg
早7月、今年も半年が過ぎました。久々に帰宅すると、庭にはいろいろな夏の花が咲いていました。
DSCF3382.jpg
作物も大きく育っていました。
DSCF3383.jpg
5月初めに生まれた仔達もだいぶしっかりしてきました。小さい庭を、際限無く駆けずり回っています。
DSCF3395.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫