ユリ科の女王様

 2016-06-01
DSCF1479.jpg
今シーズン初のお目見えです!高山植物の中では大型の花、女王様ですね。
アルパを担いで上京です。先週(サミット)の移動でなくて、まずはよかった。警備が厳しかったでしょうから、大きくて何だか判らない荷物は検査という羽目になったかも。
DSCF1485.jpg

スポンサーサイト
タグ :

LLEGADA!(到着)

 2014-11-20
DSCF5343.jpg
パラグアイに注文していたアルパが無事に届きました。DHLという空輸宅配便で首都アスンシオンから八幡平山麓まで遠路はるばる運ばれてきたのです。アルパ奏者Kさんに大変お世話になりました。かつてアスンシオンで初めて手に入れたアルパも同じ工房で作られたもので、楽器が作られる工程を見たり、また工房のパティオでアルパ名人たちのペーニャ(奏でて歌って飲んで)の末席に座らせてもらったりしたものでした。新アルパはその当時腕白だったあの子が名職人になってこしらえてくれたのでしょう。しばしの間、当時にタイムスリップ!
DSCF5358.jpg
先週のサッカー親善試合は中米Hondurasとの対戦でしたが、中継開始の夜7時半ジャストにチャンネルを切り替えて見ました。試合でなく対戦国の国歌を聴きたくて。「Su Bandera, Su Bandera」おー、懐かしのHonduras国歌!約30年前の協力隊員派遣前訓練は中央アルプス空木岳山麓で行われ、真冬の寒気の中の朝礼で派遣国となる、この国歌を聞き覚えたものでした。
DSCF5361.jpg
話は変わって、久々のクロ母登場です。10月半ばに再び出産(想定外の出来事)子育てに忙しいのですが、貴女の体のためにも母引退を考えてやらねばなりません。
タグ :

秋の虫と歌

 2014-08-30
DSCF4186.jpg
生後4ヶ月の仔猫たちはすくすくと育ち、庭の小さい畑は彼らの良き保育園となっています。いつもと違うものがあると、どれかがすかさず「占領」。ネコ車にネコ!
DSCF4189.jpg
砂利の上にはいろいろな玩具(おもちゃ)が。エノコログサの穂、クスサンが出た後の繭(スカシダワラ)、ハタネズミの尻尾ーーー。昆虫も仔猫の格好の標的です。トンボ、蛾、蝶、コオロギ、バッタ。捕えるとそのままお八つに。体は大きくなってきましたがまだまだ甘えん坊。やっぱりクロ母が一番のようです。
DSCF4272.jpg
コオロギが玉を転がすような美声で鳴いています。草むらに見え隠れしていますが撮るのは意外に大変。じっとしていないのです。コオロギの声(羽の音ですが)を聞くと『一日に何度も』(合唱曲)を想い出します。「お母さん、お母さん」と始まる混声三部合唱、中学時代、夢中になって歌いました。
DSCF4266.jpg
県民の森でトレーニングしていると、この頃よく「キチキチキチキチ」とバッタが飛ぶ羽音。トノサマバッタですが結構目立つ音です。トノサマバッタはキチキチバッタではなく、ショウリョウバッタがキチキチバッタと呼ばれます。『キチキチバッタ』の唄、こちらは小学1年の時に歌いました。「キチキチバッタ、キチバッタ、踏ん張りバッタ、飛びバッターーー」中田喜直の曲。
DSCF4285.jpg
今日は近くの妻の神キャンプ場から松川の河原に降りてみました。昨年9月にはあの橋が激流を被って渡れなくなったのでした。恐るべし、水の力!
タグ :

『チャイコフスキー』との再会

 2013-02-18
DSCF5081.jpg
2月も寒さと雪降りの八幡平、穏やかな日を見計らって樹氷を見に行こうと思いつつ、茶臼岳より向こうにまだ行けずにおります。4日前に少し視界が戻り眺めてみると、山々は一段と吹溜まりすっかり福与かになっていました。DSCF5127.jpg昨日BSプレミアムシネマ(録画)で何十年も前に観た『チャイコフスキー』を再び観ることが出来ました。ソ連の映画で、中学生だった私にはかなり難解でしたが、その音楽と映像に心を揺さぶられたのです。白樺の延々と続く風景、ピアノ協奏曲の1楽章の変則オクターブのカデンツ、交響曲『悲愴』の勇ましい3楽章と咽び泣く終楽章ーー 晩生だった私が音楽することに目覚めたきっかけとなった思い出の映画は、記憶どおり素晴らしいものでした。
DSCF5114.jpg
タグ :

鳥の歌

 2013-02-15
DSCF5054.jpg
雀のさえずりをモチーフにした曲はというと「チーチーパッパー、チーパッパー」がまず出てきます。人里のごく身近な鳥で歌になっている代表格はカラスの『七つの子』『鳩ポッポ』『とんび』。そのほかツバメ、白鳥、カモメ、鶴などでしょうか。アルパのお里、南米パラグァイも鳥の宝庫ということでレパートリーがたくさんあります。『鐘つき鳥』をはじめ何十曲もあり、面白いことに蝶はどんなに種類が多くても「蝶」と一括り、鳥には「十羽一からげ」でなくちゃんと名前が付けられ歌も多いということで、鳥をより身近に感じていることが伺えます。また外国の鳥の曲は、囀りそのものがメロディーになっているものが多いですね。DSCF5092.jpg
今日は湿った雪が降りました。我が家の庭の雪も随分と増えたものです。これからは雪が重くなるので除雪が大変になります。また昨日から黄砂も混じり始め、汚染物質とやらが気になるところです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫