雪山が膨よかになってきた!

 2017-02-10
DSCF3150.jpg
雪が降り積もるようになって、ひと月。痩せていた山容もふっくらしてきました。沢もあらかた埋まり滑走ラインも広がり、条件の良い日は楽しく遊ばせてもらえて感謝!
DSCF3155.jpg
クロ嬢はといえば、雪の日は外出をためらいます。もっと駄目なのは風の強い日。外に出られず寝飽きてしまい、狭い家の中を何十回も走り回ります。田園で鍛えた脚力は疲れを知らず、通り道の畳がすっかり疲れてもうボロボロ。
DSCF3131.jpg
スポンサーサイト
タグ :

暴風の爪痕

 2017-02-05
DSCF3101.jpg
山はここ3日間西強風が吹き荒れ、一夜明けて薔薇色の朝焼けに思わずシャッターを押してしまいました。
DSCF3112.jpg
茶臼岳周辺はあらかたの斜面が強風の影響を受け、硬く締まってしまいました。雪庇が張り出し、支えきれないところは結構な雪崩が出ていて、身が引き締まる思い。
DSCF3111.jpg
タグ :

アオトド、樹氷を纏えず

 2017-01-27
DSCF3057.jpg
このところの寒気に一縷の望みを抱きつつ、雪を漕いで大深湿原へ出掛けました。思ったほど風が吹かず、健脚山男3人となんとか大深山荘まで辿り着きました。
DSCF3047.jpg
風に叩かれた重い雪と高い畝が行く手を阻みます。樹氷を纏いたいのに上手く固まらず、早パーツごとに分解状態。
DSCF3046.jpg
お天気も今一つでなかなか日が差してくれません。雪面の凹凸が見えにくく転びたくない平坦地で転び、雪は風でパック状になり滑りもトリッキーで大腿四頭筋訓練となりました。一夜明けて本日は生暖かい南風強風。今冬、樹氷完成は叶うのでしょうか。
DSCF3056.jpg
タグ :

風で運ばれる雪

 2017-01-18
DSCF2984.jpg
午前中青空が広がった昨日の茶臼岳エリア。一昨日北上した八戸沖の低気圧で北寄りの風が吹いて風と共に雪も移動、風の通り道にはシュカブラや吹溜りが見られました。西~北寄りの風に運ばれた雪が谷を埋めてくれるというわけです。
DSCF2994.jpg
昼前には青空が消え、薄い雪雲に覆われました。稜線は寒くてゆっくりできません。風の当たらない斜面は極上の粉雪でした!
DSCF3009.jpg

タグ :

強烈な寒波到来!

 2017-01-15
DSCF2949.jpg
先週火曜日から強い寒波がやってきました。日本中どこも寒い寒い!八幡平市も最低気温が-15℃を下回る日も。やっと雪も降り山では100cm積雪が一気に増えました。とはいえまだ少ない状態。スキー場の方は深刻だった雪不足がほぼ解消で一息ついています。茶臼岳も真っ白に近くなりました。
DSCF2941.jpg
今シーズンから地域ぐるみで、バックカントリー利用者の雪崩などのリスク軽減に毎朝定点での積雪観測をスタートさせました。下倉スキー場ゲレンデトップ標高1135mに毎朝7:00に立たなければなりません。観測員3~4人でローテーションの予定ですが、体調を整えて臨まなければ。
DSCF2931.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫